ふたえ整形は大阪で人気!信頼できるクリニックで整形を

二重

大阪で話題のふたえ整形でラインを作る瞼板と眼瞼挙筋

女性と花

日本人を含むアジア人は、一重まぶたの人が多いのが特徴です。モンゴロイドであるアジア人は、遺伝的にまぶたの上に脂肪がつきやすいからだと言われています。西洋人に二重まぶたが多いのも同様に、遺伝によるものです。そういう理由で、一重まぶたはアジア人が誇りにしてもいい遺伝的特徴なのですが、西洋のファッションに強い影響を受ける現代では、「二重のほうがかっこいい!」という認識が一般的です。ところで、どうして二重まぶたは形成されるのでしょうか?よく、小学生の頃は一重だったけど、大人になったら自然に二重になったなどという話を聞きます。まぶたの構造には、まぶたの淵にある「瞼板」という組織と、瞼板を持ち上げるてまぶたを開く「眼瞼挙筋」という筋肉があります。二重のひとはこの挙筋とまぶたの皮膚がくっついているために、瞬きする際に皮膚が引っ張られてラインが入り、これが何度も繰り返されるうちに二重まぶたになるのです。一重まぶたの人は、眼瞼挙筋が皮膚とくっついていない為、二重にはならないのです。日本人は生まれつき、眼瞼挙筋が皮膚とくっ付いていない人が多いために、一重が多いです。そこで、まぶたに「クセ」をつけるため、二重のりを使用する人がいます。二重のりは確かに便利なのですが、目のかぶれや様々な疾患の原因ともなるのでオススメしません。二重にしたいのなら、二重整形を受けたほうが、安全で確実です。

Headline

TOP